株式運用から見た消費者金融業界

消費者金融業界の現状

消費者金融機関、いわゆるサラリーマン金融の業界は近年下げ止まり感があるものの、この10年スパンで考えると、その業績は全体的に低迷している傾向が認められます。
また、会社の再編なども進んでいる傾向があるのです。

法改正が主な原因

その大きな原因のひとつが、平成18年に設立され、平成22年に全面施行された貸金業規制法です。
この法律が設立されたことによって、それまで出資法で罰則が定められている29.2%未満かつ、利息制限法の水準である20.0%以上の金利、いわゆる金利のグレーゾーンが撤廃されたのです。
これによって、消費者金融会社は、従来までグレーゾーンであった20.0%以上の高い金利による貸付が行えなくなったために、平成18年以降の業績は低迷していったのです。
また、近年ブームとも言えるような、過払い金の返還請求にも対応する必要があったことも、業績を押し下げる原因となりました。

再編が進む消費者金融業界

これらの原因から、各消費者金融会社の業績は低迷し、会社ごとの再編や、メガバンクと呼ばれるような銀行系列の傘下に入るようになったのです。
傘下に入った大手消費者金融機関は、メガバンクのノウハウとネットワークを受けて、銀行にATMを設置することができたり、取引手数料を一部無料にしたりと、他社と比較してサービスが向上しております。
このため、現在のところ業績自体は直接改善したわけではありませんが、広告やサービス面で他社よりアドバンテージができており、これがさらに再編を加速している現状となっております。

株式運用から見た消費者金融業界

現在では業績自体は底打ちしているような傾向が認められています。
これ以上下がる方向へ変動する要素がないことから、株式運用としては安定した業界と言えるでしょう。
むしろメガバンクのノウハウを取り入れることにより、業務の効率化が図られるため、今後は上向く可能性もあります。
また、今後もこのような、企業同士の合併や連携、メガバンクによる囲い混みなどの現象が続くことが予想されます。
このため、仮にこれらの業界の株式を保有している場合は、トピックス狙いで運用を続けていくことをお勧めいたします。

消費者金融はインターネットで申し込みできるすこぶる便利なサービス

428インターネットが普及する前は、消費者金融の審査といえば窓口、自動契約機、郵送による方法が一般的でした。
融資までに時間がかかり、5日以上かかることもよくありました。
現在の消費者金融が融資までスピーディーなのは、ネットによる契約完結が可能になったからです。
ネットで仮契約と本契約の両方が行えるので、家から出ることなく指定口座に振り込んでもらえるのです。
カードは後日発送となりますが、その前に必要最低限の額を口座入金してもらえます。
ネットを使えば簡易診断も行えるので、本審査に自信のない方は利用するといいでしょう。
ここには、年収、職業、他社借り入れなどの項目があり、それらに入力するだけで結果がわかるのです。
この3つの条件が問題なければ、借りられる可能性が非常に高いということです。
ネット契約のメリットには、利用明細が自宅に届かないこともあります。
ローンの利用がバレる理由として、利用明細を家族に見られることがあります。
ローン会社から封書が届けば、感づいてしまう方が多いでしょう。
WEB明細ならば、履歴はすべてネット上で確認できるので安心です。
専用画面はログインをしないと閲覧できないので、家族が勝手に見てしまうことはありません。
ネットを使えば、増額交渉、契約内容の変更も手軽に行えます。
最近はネットで契約完結できる消費者金融が増えてきており、大手はほとんどがこのタイプです。
家族にバレずに契約したい方には、ネット契約をおすすめします。

消費者金融の審査基準は業者しか知らない

hcuih12消費者金融のランキングサイトでは、審査に通りやすい業者、通りにくい業者といったランキングを紹介していますが、審査基準を知っているのは業者だけです。
ホームページを見ても記載されておらず、申し込んでみないと結果はわかりません。
審査の基準は数多く、年収、職業、勤続年数、他社借り入れなどが関係してきます。
それ以外にも、住居のタイプ、電話のタイプ、加入保険などが影響します。
これらの要素を総合的に判断して決めるので、確実に借りられるローンなど存在しません。
自分と同じ年収の友人が借りられたから、自分も借りられるとは限らないのです。
職業を重視する業者もあれば、過去の利用実績を重視する業者もあります。
ただし、銀行、信用金庫などと比較すると、消費者金融のほうが借りやすいのは間違いありません。
カードローン業界において、消費者金融のシェアは約9割であり、残りの1割が銀行、信用金庫などです。
シェアが圧倒的に高い理由は、借りやすいからです。
そのため、銀行で断られた方が申し込まれています。
年収は300万円あれば、問題なく借りることができるはずです。
一般的な業者は、200万円以上の年収があれば良しとしています。
非正規雇用の方への融資に積極的な業者は、200万円未満にも対応していることが多いです。
年収に不安がある場合は、事前に業者に電話連絡して年収を伝えておくといいでしょう。
もしくはホームページで簡易診断を受けてみるといいです。